プロ仕様のオイル性能向上剤、16万kmオイル交換不要!ゴールドパンチα3000

ゴールドパンチα3000に関するよくあるご質問

ゴールドパンチα3000は、多機能型(純石油系)オイル強化、改質剤でありすべての機械類に適用されている画期的なものです。その性能が今までの常識をはるかに超える優秀性を有しているため、いろいろな誤解、推測疑問が発生してきました。そのため[ゴールドパンチα3000]を正確に理解していただくよう、よくあるご質問をQ&A形式でご紹介いたします。

Q1 ゴールドパンチα3000はオイル強化改質剤ということですが、従来の添加剤とどう違うのですか?
Ans 添加剤には色々な種類がありますが、その多くが合成品で、オイルとは異質の成分が含まれているため効果は一時的なものです。多くの添加剤に配合されているテフロン・モリブデン系は有害物質で、長期間使用し続けると固まってしまいます。その結果、回路がつまってオイルが遮断され、エンジンが焼ける原因になります。 ゴールドパンチα3000はオイルと同質の石油系で、全く有害物質を含んでいません。一般オイルと混ざり合うことでオイル自体に働きかけ、その性質を驚異的な高次元のオイルに改質させます。

Q2 興味はあるのですが、今まで5,000km毎ににオイル交換をしていたので16万kmオイル交換しなくてもいいと言われても不安です。
Ans 最もなご意見です。ほとんどの方がそう言います。ユーザーの方々にいかに信用して安心してご使用いただけるかということが弊社の長年の課題でした。そこで、長距離運送業者の方々にご協力頂き、信用ある公的機関や、権威ある民間機関でオイルの分析や燃費、排気ガスその他の試験を数多く実施しました。 その結果、大手企業を始めとして、中小企業、個人の方々にも安心してご使用頂けるようになりました。ここまで約10年かかりました。また、ゴールドパンチα3000には10ヶ年以上も継続的に賠償責任保険に加入していますが、現在までにゴールドパンチα3000が原因で起こったトラブルは一度もありません。

Q3 友人が以前、同じようなオイルを使用してエンジントラブルを起こしたということを聞きました。
Ans 類似品が2、3 種類ありますのでご注意ください。Q1で述べましたように、このゴールドパンチα3000は有害物質を一切含まない純石油系です。ゴールドパンチα3000を使用して不具合を起こす ことは一切ありません。安心してご使用ください。

Q4 現在私の車は8万km走行していますが、ゴールドパンチα3000を使用すればこれから16万kmオイル無交換で走れますか?
Ans 問題なく走れます。車の故障、エンジン性能の低下はパンク、電気系統、バネ類の伸び等以外は 全てをエンジンオイルの劣化、汚れ等によって発生します。ゴールドパンチα3000は16万kmオイル無交換走行、及び性能を向上させるという特徴を持っていますので、以前よりも良い状態で走行できます。

Q5 今まで高価な性能のいいオイルを使用してこまめに交換しているので、ゴールドパンチα3000を入れっぱなしのエンジンよりきれいで調子も良いと思います。
Ans 残念ながらゴールドパンチα3000を入れたエンジンの方がきれいで調子も良くなります。いくら高価な性能の良いオイルでも比較すればゴールドパンチα3000を入れたオイルの方がすべての要素において、比較にならないほど高次元のオイルに改質されます。 現在ご使用のオイルのグレードを1~2ランクを下げても効果は十分あり経済的です。

Q6 オイル交換したばかりでオイルは汚れていないのでフラッシングは必要ないのではないですか?
Ans フラッシングは必要です。新車以外のすべての中古車はすでにエンジンが汚れてその性能が低下しています。一般のオイルではその汚れを取り除くことができません。これから長期間オイル無交換で走行するためには、必ずフラッシングをして、ゴールドパンチα3000を混入して下さい。

Q7 フラッシングは500kmぐらいと書いてありますが、忘れて3,000kmも走行してしまいました。もう一度フラッシングのやり直しが必要ですか?
Ans 必要ありません。500km程度が理想的ですが、3000kmでゴールドパンチα3000の効果がなくなるわけではありません。オイル交換とオイルエレメント交換をした後、規定量のゴールドパンチα3000を混入してください。

Q8 ガソリンスタンドでオイルが黒くなっているので交換を勧められました。交換した方がいいですか?
Ans 交換の必要はありません。ゴールドパンチα3000を入れるとエンジンオイルは黒くなります。これは汚れをしっかり取っている証明です。一般のオイルは色と粘りで判断していますが、ゴールドパンチα3000はほとんど酸化しないので、オイルエレメントを交換していれば問題ありません。長期間使用しても全然色が変わらない一般のオイルは、その機能を果たしていませんので使用を控えた方がいいです。

Q9 エンジンオイルが燃焼して減少した時に、一般オイルだけを補充すればいい、ということですがゴールドパンチα3000を一緒に補充する必要はないのですか?
Ans エンジンオイルは漏れていない限り、燃焼されて減少します。ゴールドパンチα3000の粒子は、一般オイルの3/100~5/100という小さい粒子で、ほとんど燃えないという特徴を持っています。この粒子が一般オイルの粒子の回りに膜状に絡み付いていますので、オイルの燃焼による減りを少なくします。 そのため、ゴールドパンチα3000は燃焼されずにそのまま残っているので一般オイルのみ補充すればよいのです。

Q10 燃費について分かりやすく説明してください。
Ans ゴールドパンチα3000を入れると、エンジンの性能を全ての面で改善するため燃費が良くなります。人間と同じように、車の状態もそれぞれ違いますので、燃費を正確に測定することは難しいのですが、燃費は排気ガスと密接な関係がありますので、排気ガスを測定する事で燃費の状態を知ることができます。車のディーラーには測定器がありますから、興味のある方はゴールドパンチα3000の使用前後をそれぞれ測定して下さい。必ず減少します。その減少した分だけ燃費が改善したと思って下さい。ただし満タンによる市街地短期間実走テストでは、正確な測定値は望めません。

その他、疑問や不安、ご質問等がございましたら、当社または、販売代理店までお問い合わせください。

GOLD-PUNCH普及会

↑ PAGE TOP